hiasa

licoricewall:

新垣結衣 (Yui Aragaki): Kose Sekkisei Early Autumn 2012 - Early Summer 2014

marinasarng:

Paruru Supporting Poster ! ( ´ ▽ ` )ノ
cr. marinasarng

正直「お花見や花火大会まで自粛せんでも…」と思っていたのだが、仮設トイレを被災地に運んでいるから、とか、警察・消防と警備の打ち合わせが出来る状態じゃないから、とか、警察官の非常勤手当予算がオーバーしちゃうから、とか聞くと、自分の見えてるモノばかりが事実じゃないんだなと思う。
「完璧な一回」よりも「いい加減な数回」を大事にすること

たまった脂肪を燃やす技

今回実験で、誰もが毎日するあの行動が
脂肪燃焼のカギであることを突き止めました!

実験に協力してもらったのは体型がほとんど同じ双子の兄弟。
異なる条件の部屋に分かれてもらいました。
弟にはおなかをすかすために、料理の番組や雑誌が用意された
部屋に入ってもらいます。おなかがすくと血糖値が下がり、
蓄えられていた脂肪が燃焼されるはず、という理屈です。
もう1つの部屋に入ったお兄さんが見たのは・・・
ベッド。つまり、ただ寝てもらうという実験です。

実験から、ぐっすり寝てもらった兄の方が脂肪を
燃焼している結果になりました。
なぜこのような違いが出たのでしょうか?

その違いは肝臓のある能力のおかげでした。
昼間、肝臓は活発な脳のために糖を使ってエネルギーをつくります。ところが、夜寝ると脳はそれほどエネルギーを必要としません。すると肝臓は脂肪をつかって心臓のためのエネルギー(ケトン体)をつくるモードに切り替わるのです。

昼夜で肝臓が異なる役割を果たしていたとは驚きです。
つまり、ちゃんと寝ないで、ムダに夜更かししていると、本来肝臓が燃やすはずの脂肪が燃えないのです。

例えばパリのヴェリブなら英語やスペイン語、イタリア語、ドイツ語、に切り替えできて、フランス語がわからなくても英語で表示してなんとか借りられたが、baybikeでは英語や中国語など外国語に切り替えることが一切できない。外国人観光客も多い横浜でこれだから正直「やる気あるのか」と強い憤りを覚えた。


まあ、\ドコモは日本のガラケーの筆頭キャリアだったから仕方がないかー!/


孤立化する日本市場を揶揄する”ガラパゴス化”の象徴だったガラパゴス携帯の筆頭であるドコモだから仕方がない、と思わず納得してしまった悲しい現実。日本語がわからなくても画面に従って想像力を働かせて入力していけば一応登録できるだろうが、名前がカタカナでしか入力できないので外国人が興味を示してもお断りしている状態らしく聞いて呆れた。


残念だが、"これが観光立国を目指す今の日本の姿である。"
「男のプレゼントのセンスを女同士で笑いものにする」という行為自体が、当のプレゼントの中身よりもはるかに強烈なバブルの残り香を漂わせていて、実に味わい深い。

◆それを考えたとき、何本売ろうが日中のピーク時に17wしか使わない自販機は飲料を提供するために最強に節電なの。石原さんのいうような代わりの方法だと絶対負けるよ。

◆ナイターのときにも書いたけど、電気を使うナニカを止めたらまるまる電力が浮く! というような幻想は捨てないといけないですよ。止めた結果べつのところでどう電気が使われるかを無視しちゃだめ。

◆自販機87万台を停止すれば26万キロワットが「浮く」のは、自販機で売れるはずだった飲料の100%が1本も買われることなく「自販機87万台に相当する需要と供給がまるごと消滅」したときのみです。だから幻想なのですよ。

東北地方の大学を出た25歳の女性。 昼は、学校の非正規教員。 夜はキャバクラで働いています。

25歳の女性 「東京で1人暮らしをするには、経済的に厳しいところがあったので。」

非正規教員として受け取る給料は月17万円。 生活費と家賃を払うと手元にはほとんど残りません。 いつ契約を切られるかも知れないという不安から、3か月前にキャバクラに登録しました。